スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスノート the last nameを見てきました。

丸の内ピカデリー1でデスノートを見てきました。
舞台挨拶の話がギリギリにならないと掲載されずやきもきしましたが
チケットをなんとかGETして、見てまいりました。
前編ではワタリ役の藤村俊二さんがいらっしゃらなくて口惜しかったのですが
今回は、いらっしゃいました
これで、目的達成です(おい)。

ここからは感想とネタバレですので、見る予定の方はご遠慮ください。

映画として、あの話をうまくまとめた感じです。漫画を読んでいる身としては
ああ、あのシーンをこう変えたワケか…という箇所が随所にありました。
月が死神の死に方の話の感想を言っていたところは笑ってしまいました。
あれって、ミサミサの感想だったような?

月とLの性格や行動自体が、漫画と映画では結構違う気がします。
お父さんの名前を書くのは、漫画では作者さんがNGにしていたので
ないお話です。
Lがノートに自分の名前を書くのも映画だからこそでしょうか。
漫画の方のLよりも映画版の方がキラ逮捕に全てをかけている感じがします。
漫画版Lの頭の中には、この選択肢だけは絶対になかった気がします。

フジワライト(笑)は、前編の時よりもダークさが出ていて良い感じでした。
最後の方の無様加減は、納得です。
強いていてば、「計画通り」を演ってくれていましたが・・・あれはもっと
怖いイメージがあるので、もう少しという感じです。

前回に増してLの食べ物が面白かったです。
マツケンエルがチョイスしたらしい(?)今回は、和菓子だったそうです。
お団子や水あめ、そして当然のような角砂糖…。
もちろん、撮影後に吐き出すことは出来るのでしょうが、それにしても
ある程度は口に入るわけで…うーっ、あの水あめは強烈だわ(笑)。

舞台挨拶の際に、松山さんはお面を被っておりました。しかもずっと被っている(笑)。
このお面が、忘れた頃に持ち出されて面白かったです。

フジムラワタリには大満足です。映画の中で一番のはまり役だったように思えます。

そして、やっと拝見できて嬉しいです(笑)。
司会の人がなれない感じで、藤村さんが答えにくい話題を振ってしまうという
ハプニング(?)があって、コレに対して、とぼけた調子で答えていらしたのが
楽しかったです。

ミサミサのお部屋はh.naotoが協力している感バリバリでした。こんなお部屋に
住んでみたいです。ちょっとしか映らないのですがお部屋にお人形がおいてあります。
こちらは安藤早苗さんのお人形だとか。姫のじゃなかったようです。


そういえば、先日、木更津を見たばかりで、何気にどちらも「死」が
テーマの映画なのですよね。だけど、内容は180度に思えます(笑)。

AUTHOR: kota DATE: 11/06/2006 00:20:15 これから見に行くのに全文読んでしまった^^;
とは言っても核心には触れていないのでよしかな(笑
さて、いつ見に行くかな。。。

コメントの投稿

非公開コメント

そうですよねー。よくまとめたという感じでした。

>のだめドラマ
原作は読んでないのです。凄いドラマだとは思ったけれども、忠実に
するとああなってしまうのかぁ・・・ドラマだけ見た人にはワケわかりませんでした(笑)。
漫画をドラマ化したなら、もうそれは別物という感じで見てあげたいですね(^^;)。
プロフィール

seisui

Author:seisui
Doblogブログが壊れたのでここからFC2にお引越ししました。過去記事もインポート済みです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Twitter on FC2
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。