スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミートパイのへっぽこレシピです。

リクエストをいただいていた[2006/05/07の日記]のレシピです。って、ミートパイでよかったのかしら?

詳細なレシピではなくて、ごめんなさいー。
レシピは味見をしながら適当に作ったのでこんな感じ・・・としか(^^;)。

パイの中身
ひき肉(合挽き) 300g
トマト&バジルピューレ 1瓶(250くらい)
ポークビッツ1袋
ピザ用チーズ(ゴーダとナチュラル)適量
マヨネーズ 小さじ2くらい
牛乳 小さじ1くらい
塩 少量
コショウ 少量

生地の方は、気温の都合上、冷凍パイシートを使いました。
たとえ冷凍パイシートでも、パイは暑い日に作るとダレてしまうものです。
冬場か、夏でも冷房をガンガンにした部屋で作るのが良いかもしれません(^^;)。
それから、念には念をと、隠しアイテムとして『パン粉』を用意しました。

【作り方】
1、生地が、ダレたらおしまいなので、いつでも冷蔵庫に入れて
ねかせられるように、場所を確保しておきます。
意外と冷蔵庫の中にパイ皿ごとおけるようなスペースを作るのは
大変ですので、最初に準備するのをお忘れなく(^^)。

2、パイ生地をお皿にしきます。生地にはフォークで2、3cm間隔で穴をあけます。
敷き終わったら、冷蔵庫にしまいます。

3、ひき肉に、下ごしらえをします。
裏技として牛乳をまぶし、更に塩コショウをします。
牛乳は、あまりかけすぎると牛乳臭さが残るのでご注意ください。
これで、安売りのお肉でも、良い感じになります。
良いお肉には不要です(爆)。

3、ひき肉に軽く火を通す程度にいためます。この時、油を使う代わりに
マヨネーズでいためます。これは味付けも兼ねています。

4、トマトピューレを加え、最後に塩コショウで味を調えまます。

5、パイの中に1~3で作った具を入れる前に、ここでパン粉が登場です。
パイ生地の上にパン粉をうっすらと敷きます。油分がたまりやすい底の部分の
余計な油をすってくれるというので試してみたところ、効いてくれたみたいです。
さっくり仕上がるのでお試しください♪

6、具を敷きつめます。
パイ生地の蓋ができる程度に、ピューレ、チーズ、ピューレ、ポークビッツ、チーズと
中身は重ねられるだけ重ねます。重たいものは沈むので、上に乗せるほうが
いいと思います。

7、パイを焼きます。うちのオーブンでは200度で15分、160度で20分でしたが
分数は、オーブン次第です。200度で一気に膨らませて、もう膨らまないと
いうところで温度を落とし、じわじわと焦げ色を加えるという感じです。
お菓子作りで焦がしたという失敗談を聞くけれど、これだけは
不思議でならないです。見ていれば焦がすことはないので、
そばでお片付けしながら観察していれば、NGはおこりません(笑)。

余談:あまったパイ生地は、味付けをせず、プレーンなまま型で抜いて
焼いておきました。翌日、チョコフォンデュにしてみたところ
自家製『パイの実』チックでした(笑)。
チーズフォンデュにしても良いかもしれません(^^)。

AUTHOR: つきこ DATE: 05/12/2006 11:11:39 おおっ!パイ生地のところにパン粉を敷けばいいのか。
いつも水っぽい中身の場合どう扱うか考えていたのだ。
パン粉はお食事パイに使えそうだね。
てことは・・たとえばブルーベリーペーストとかだったら・・・ケーキクラムとか敷けばいけそうかな・・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seisui

Author:seisui
Doblogブログが壊れたのでここからFC2にお引越ししました。過去記事もインポート済みです。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Twitter on FC2
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。