スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウラシマすぎるw

ご無沙汰しております。すっかりウラシマなseisuiです。

肩のほうは大分改善されたので、ひさしぶりにPC環境を整えているところです。

modoも60Xは、すっとばしてしまいましたよ。
modo70Xって、64bitじゃないと動かないので、慌ててマシンを買うはめに。

20130715.jpg

これとか6秒でレンダリングしちゃうのですが、マシンもmodoも変わっていて
どこがどれくらい進歩したのかわからないですw

結局、WinはVistaからWin7を通らずにWin8になってしまいまして
文化の違いに泣きそうです。
そんなわけで、前のパソコンもヘルプを見たりするために、隣で稼働させてます。
実際、3Dとか使わずWeb閲覧くらいなら、前のPCでも問題ないのよね…。

Poserは、実は以前、英語版のProを懸賞(?)みたいなので当てたので、
この際だからProの方のUpgredeをしちゃいました。
P7からいきなりProの最新なので、P4おじさんではなくて骨がでてきた時は驚きました。
P4おじさん、白骨化しちゃったのかw

DAZもインストーラーとか、ちょっと便利に…なったような面倒なような…。

MDは、サイトでダウンロード的なくなってて焦りました。
3が出るらしくて、止めているだけみたいなので、とりあえあず一安心。

Photoshopはアップグレードしてないので、CS3持ちとしてはクラウドに
せざるを得ないのですが、エレメンツで良いような気がして迷ってます。
アルファチャンネルが使えないらしいけど、別々のファイルにしちゃえば
問題ないような…さてどうしましょ。
スポンサーサイト

modoのチュートリアルをウォークマンに入れる

チュートリアルは、最初は大きな画面で見た方が良いのですが、1度見ただけですと忘れがちなので、見たくなったときにすぐに見れるようにと、ウォークマンに入れております。

備忘録として書いておきます。

windowsですと、携帯動画変換君でコトが足ります(^^)

「使い方」に書いてあるとおりにすれば良いだけです。
迷うとしたら「設定」くらいでしょうか?
設定は、メニューから自分で選ぶ、もしくは「変換君対応機種情報」のリンクから設定を探してみてください。
大抵は、見つかるのではないかと思います。

ウォークマンへのコピーですが、こちらも新機種なら直接フォルダを開いてコピーするだけなので、ややこしいことはありません。

余談ですが、電車の中で、英語版チュートリアルをウォークマンの小さい画面で見ていると、気が付いたら寝ていることが多いです。
不眠症の方に、おススメです(おい)

modoのチュートリアル、激安すぎて購入・・・

modoのチュートリアル、半額だし円高だし激安すぎるので、つい買ってしまいましたw
日本語版だと 2,940円 が、英語版では 2011/8/30 まで 10ドル(770円くらい)なので、購入を迷っていたモノもありましたが、安さに負けて、終わり際の駆け込みで買ってしまいました。

全部のチュートリアルを見てはいないけれど、概ね、modoの操作方法を多少知っていれば、画面上の操作の動画なので、英語でも困らないはずです。

駆け込み購入の参考になるかどうかは判りませんが、感想を書いておきますw

Shoe Modeling
これを買った時に、思ったこと。
modoには、日本語の解説本が出てない(実はあったりしますか?)のですが、動画の方が良いじゃないの!と思ったのでした。
modo203の頃に作られたものなので、modo501となった今見ると、もっと他の方法で作れるかも?と思うところもあるのですが、画面操作に慣れた初心者には有難い内容だと思います。
古いけど、見ておいて損がないように思います。

Modeling Hard Subdivision Surfaces
一部分のモデリングに絞っているので、このチュートリアルの通りにやっても、何かが完成するわけではないです。
最初に見たときは、なるほど!とは思ったのですが、お洋服とか作って遊んでるホビーユーザーの私には勿体無い内容だったかも・・・(^^;)
付録付き(?)というか、メカ用の部品プリセットが同梱されていました。

Modeling the Human Eye
すごくリアルにしようとして、目の構造を踏まえて、モデリングから頑張って解説してくれているチュートリアルです。
人物をレンダリングするときに、目をもうちょっと素敵にレンダリングしたいと思って購入しました。
DAZ や Poserのフィギュアの目と造りを比較してみたら面白かったのですが、未だ絵に生かしたことはないです。
リアルを追求 & 目をアップにしない限り、この設定はいらないかなぁとか思ってしまったりなんかして・・・(ーー;)

Shader Tree Essentials
今回のセールで購入したチュートリアルです。
これを見て思ったこと。多分、いままで、太陽の使い方を間違っていたように思います(><)
もっと早く見ておけば良かったです。

他にも購入したモノがありますが、まだ見ていないのでノーコメントです。

Furのガイドのご利用は計画的に?

ガイドを作るときに、地肌となる部分のポリゴンを全選択して、ほぼ自動作成させていました。
ですが、これが、変な所につむじが出来たり、髪の毛がからまってしまって櫛で梳かせなかったりしていた原因になっていたっぽいです。

髪の毛の分け目となる筋を取る位置を中心に、部分的にポリゴンを選択して、ガイドを作成してあげたところ、当社比10分の1くらいで、スタイリング完了となりました。
簡単なことなんだから、早く気づけよ、自分・・・と軽く落ち込んでみたり(ーー;)。

レンダリング画像

20110825.jpg

参考までに、アドバンスGLのプレビュー画像。黒い線がガイドです。
ちなみに、RayGL ON で絡まってる部分がどこなのかチェックすると、わかりやすくて良いです(^^)。

20110825_RayGL.jpg

それから、面倒くさがらずに、前髪と後ろ髪を別のマテリアルにして、クランプの量を変えた方が、スタイリングしやすいです。ホント、急がば回れですね。

modo501の櫛

modoのヘアースタイリングツールとして「櫛」が用意されているのですが、どうも40Xの時よりも梳かしにくい気がしてなりませんでした。
オフセット量を高めても、思うように梳かせないのです。
何がいけないのかしら・・・と、ツールの説明ばっかりみていたので、なかなか全然原因がつかめなかったのです。
実は「チップ編集モード」にチェックがついていたので、コントロールが効いていただけでした(^^;)。

「チップ編集モード」だと、少なくともうちのマシンでは動きが鈍くなったという感じの印象しか受けませんでしたが、スペックの高いマシンだと、自然に使えるのでしょうか・・・。そろそろマシン替え時かしら?

余談ですが、深夜のホムペのTOPだと、この子がふんぞりかえってますw

20110824.jpg
プロフィール

seisui

Author:seisui
Doblogブログが壊れたのでここからFC2にお引越ししました。過去記事もインポート済みです。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter on FC2
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。